読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたら育児生活

2016年6月に長女誕生!アラサー主婦とほんわか旦那さんとのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

不安だらけの新生児期

初めての子育てをして1カ月。


自分が出産するまで、

小さくて可愛い赤ちゃんと、

母性に溢れた優しい母親の

ほんわかとした時間があると思っていました。

赤ちゃんは泣くのが仕事だし、

泣いていても可愛いと思っていました。


でも、いざ産まれてみると、

可愛いと思う余裕もなく、

死なせてはいけないという

責任感に押し潰されそうな毎日。


オムツも替えて、

おっぱいもあげて、

気温も大丈夫そうなのに

泣き止まない娘。

なんで泣いているのか分からず、

パニックになる日もありました。


里帰りで母が助けてくれるけど、

私の抱っこでは泣き止まないのに、

母の抱っこで泣き止む娘を見て、

私がお母さんなのに…

と自信がなくなった日もありました。


「母乳が出ないのはマッサージしてなかったんじゃない?」

「昔はねぇ〜」

と、まわりからの色々な言葉に

責められている気がして

苦しくて常にイライラしていました。


理由もなく、

というか理由だらけで、

涙が止まらない毎日。


ネットの情報で不安になるのに、

気になることがあったら調べてしまう。


乳幼児突然死症候群が怖くて、

静かに寝ている娘の呼吸を確かめる夜


こんなに大切で、

死んだらどうしようと不安にかられるのに、

寝不足が続いた日には、

泣き止まない娘を

ほおり投げたくなりました。


虐待なんて最低だと思っていたのに、

他人事じゃないんだと気づきました。


まわりの人に任せるのは心配で、

常に見ておきたいと思う気持ち。

他の人の腕で安心してる顔を見ると、

湧いてくるちょっぴり複雑な気持ち。


そんな気持ちがあったけど、

自分を休ませなきゃいけない!

途中でそう気がつきました。


泣きながらあやされても

楽しくないよね?


お母さんがイライラしてたら

娘にも伝わるよね?


そう思い、

頼る人がいる時は

出来るだけ頼ることにしました。

自分のやり方と違っても、

危険じゃない限り気にしない。

寝れる時に寝る。


睡眠をとるようになって、

心に余裕が出来るようになって、

純粋に娘が可愛いと思えるようになりました。


もちろん責任感は

ずっしりとのしかかってきます。

不安もつきません。

どんどん新しい不安が出てきます。

泣きそうになる日もあります。

イライラしてしまうときもあります。


でも、

腕の中で安心して眠る顔。

泣き出す前の悲しそうな顔。

おっぱいを探す必死な顔。

まわりを興味深そうに見る顔。

沐浴中の気持ちよさそうな顔。

うんちをふんばるときの顔。

笑ったような顔。


か弱い泣き声も、

大大大号泣も、

あくびも、

伸びも、

くしゃみも、

オナラも、

バタバタする足も、

ギュッと握る手も、

ぜんぶぜんぶ愛おしい。


お母さんの感情は、

娘のおかげで大忙しだよ。


こんなダメダメなお母さんだけど、

これからもよろしくね。



長いようで、

あっという間の1カ月。


毎日、同じような繰り返しで、

達成感のない日々でしたが、

娘は1カ月でとても成長しました。

出来ることが少しずつ増えました。

私もきっとお母さんとして成長したはず。



頑張ったわたし、お疲れ様。

知らない世界で頑張った赤ちゃん、お疲れ様。