ぐーたら育児生活

2016年に長女、2018年に次女が誕生!アラサー主婦とほんわか夫とのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

しんどくてしあわせで

f:id:ahirusora:20181205214500j:plain
f:id:ahirusora:20181205214513j:plain
f:id:ahirusora:20181205214530j:plain
f:id:ahirusora:20181205214544j:plain
f:id:ahirusora:20181205214600j:plain
f:id:ahirusora:20181205214616j:plain
f:id:ahirusora:20181205214634j:plain

こどもを育てるのって、正直しんどい。
簡単に出来ることが出来ない。
思い通りになんて全然いかない。

毎日しんどくて、いっぱいいっぱいで…だから、つい忘れそうになる。こんなにも世界がキラキラしているのだって、こどもがいるからなんだ。

思い通りにいかないおかげで、見つけられたものがある。

なんの変哲もない道が、こんなにたくさんの発見やワクワクに満ちていたなんて知らなかった。

こどもと手を繋いで歩けるのはいつまでだろう。
おんぶしてヒィヒィ言いながら歩くのはいつまでだろう。
永遠に続くような錯覚がして、またかと思ってしまうけど、きっと、あっという間に終わりを迎えるんだろう。

毎日が大変で忘れてしまうけれど。
1人で好きなペースで歩けるようになって、それが当たり前になる日がくる。思っているよりも早く。

そんな時にふと、道端にあるキラキラしたものたちを思い出したりするんだろうか。

タンポポの綿毛を飛ばそうと思いっきり膨らませた頬を。
娘によって、魚や蝶など命を与えられた物たちを。
落ち葉を踏む音で遊んだことを。
アリの行列はすごい長さだということを。
ちょっとした溝や段差が大冒険を生んだことを。

小さくてふくふくとした暖かい手を。
背中に感じる確かな重みと暖かさを。
にししっと目を細めて笑う顔を。
何かを見つけた時のまん丸とした目を。

思い出して、1人で歩くのを寂しく思ったりするのだろうか。

今は毎日一生懸命で余裕がないけれど、こどもがくれるものを見失わないようにしよう。いつまでも忘れないようにしよう。

こどもを育てるのって、しんどくて、しんどくて、しあわせだ。