ぐーたら育児生活

2016年に長女、2018年に次女が誕生!アラサー主婦とほんわか夫とのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

些細なことで夫に注意する理由

f:id:ahirusora:20181222161138j:plain
f:id:ahirusora:20181222161151j:plain
f:id:ahirusora:20181222161203j:plain
f:id:ahirusora:20181222161214j:plain
f:id:ahirusora:20181222161226j:plain

夫に「付き合う前は怒るイメージなかったし、細かいことなんて気にしなさそうだったのに。」と言われた。

そりゃあ、友だち相手に怒ることなんてそうそうない。
一緒にいる時間なんて限られているから細かいことなんて大した事ないし、気になることでも自分がやった方が早いならやっちゃう。
その場が楽しければOKだもん。

でも、一緒に生活するとなると違う。
こどもができる前は自分がやった方が早いなと諦めていたことも、こどもがいると諦められなくなった。

単純に後追いする2人がいる中だと些細なことをするのも大変というのもあるけど、この人と家族として一生過ごすということがリアルになったというのもある。

何十年もストック棚に残された空の箱や袋を捨て、丸まった靴下を伸ばし、机のゴミを捨てるのか…と考えると大袈裟かもしれないけどゾッとする。
小さな小さなストレスが日々積み重なるなんて嫌だー!

で、まずは優しくお願いすることから始めてみても、優しく言っているうちは直らない。というか右から左に流される。そこで強く言うと「こんなことで急に怒った!」となる。
こちらとしては全っっっっく急ではない。

あんなに何度も言っているのになかったことになっている。不思議だ。

諦めて期待しない方がいいよ、と言われる。
そっちの方がストレスたまらないよ、と。

昔は私もそう思っていたけれど、期待できない相手と何十年も生活を共にするのは辛い。というか、ゴミはゴミ箱へなんて期待のうちに入るの!?と思ったり…。

なので、多少ムッとされようが、これからも言っていくつもり。麦茶がなくなったら沸かすとか、トイレットペーパーがなくなったら新しいのをつけるとか、少しずつできることも増えているし多分何度も言えば変わるはず。

怒られるのが嫌なら一回で直してくださーい!と主張していくぞー!