ぐーたら育児生活

2016年に長女、2018年に次女が誕生!アラサー主婦とほんわか夫とのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

離れていると冷静になれる

f:id:ahirusora:20190406105330j:plain
f:id:ahirusora:20190406105343j:plain

夫が長女に怒っているのを見て「それくらいで怒らなくても。怒っても伝わらないし、私のかわいい長女が可哀想!」と思ったので伝えると、「僕も同じこと思ったことある。」と言われちゃいました。てへ。

てへ、じゃないんですけれどもね。
ごめんね、長女。

イヤイヤ期なのか反抗期なのか、ワガママがすぎる長女と向き合うと両親ともにイライラしがちです。
でも、不思議と離れていると冷静になれる。

あ、こう言い方を工夫すれば上手くいくかも。
気持ちに共感して一度要求をのんで切り替えよう。
この代換え案なら受け入れてくれるはず。

なんて、怒らなくてもスムーズに長女のワガママを受け止め、流せるようになる。

距離をとって冷静になるのが大事。
対応するのは1人より2人がいい。

そこで、夫が休みの日はワガママには常に2人で対応しようということになりました。

今までの我が家は、ワガママに対応するのはいつも私。優しいけれど接し方の工夫が苦手な夫は、長女の気持ちを切り替えられずに投げ出してしまうからです。
最初は優しくできても、私がてんやわんや1人で対応しているのに途中から戦力外とばかりにゲームをしだす夫にイライラして夕方には「もう知らない!」と爆発。
で、1人で対応せざるおえなくなった夫も爆発。

これは良くない。
パパもママも怒っていたら逃げ場がないし、怒らなくてもいいことで怒られるのは可哀想。

近くでワガママ攻撃をくらったら、遠くにいる味方が助け舟をだす。攻撃をくらった方は距離をとる。

それで2人とも冷静に対応できないかなぁなんて思っています。