ぐーたら育児生活

2016年に長女、2018年に次女が誕生!アラサー主婦とほんわか夫とのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

自立と依存

f:id:ahirusora:20190917140418j:plain
f:id:ahirusora:20190917140432j:plain
f:id:ahirusora:20190917140448j:plain

じぶんで何でもやりたい時期の次女。
何でもできるけれど、甘えたい時期の長女。

君たち反対なら色々とスムーズなのにぃぃぃ!と思ってしまいます。思うだけだから許してね。

じぶんでやりたい!という気持ちは本当に嬉しい!成長に必要だということも分かる。

分かるんだけれども、ちょっとした手助けもアドバイスも不要!そこから動くでない!という次女に、ちょっとだけ手助けやアドバイスをさせてくだせぇ!せめて正しいやり方を見せるから見てくだせぇ!という気持ち。
でもまぁ、見守るしかありません。全然出来ていないのに、自分流を貫く根気強さに感服しながら。

たとえ、納豆で髪や服がすごいことになろうとも。半分以上が口に入っていなくても。「あっとう!」とリクエストされた納豆でも見守ります…。おかげで、最近はちょっと上手になってきました。すごい。

たとえ、靴を履くのに5分以上かかっても、諦めるまで待ちます。諦めたらやり方を聞いてくれるので、気長に待ちます。そうすると、最近ではたまに履けることもあり、2人で大喜びします。すごい。


で、長女の甘えたい気持ちも大切なので、できる限りは甘えさせてあげたい。できる限り、だけれども。

本で「こどもは依存と自立を繰り返しながら成長する。依存する時にしっかりと依存できた人が自立できる。」というようなことを読んでから、焦ることもなく「あぁ、今は依存の時期ね〜」と思うようになりました。

「いいよー、そういう日もあるよね。本当は上手にできるの知っているけどね、いひひ。」なんて言いながら、また自立したくなるのを待つ。

実体験として、ママ褒めてくれるぞぉとニンマリしながら、じぶんでやる時がくるのを知っています。できて当たり前と思わず、毎日「すごい」「さすがね」「助かるわ」なんて言っていても、また甘えたくなるのも。


自立の次女と依存の長女。
ふたりとも頑張れー!

ママは待つしかできないけど、これが結構大変なのよ。