ぐーたら育児生活

2016年に長女、2018年に次女が誕生!アラサー主婦とほんわか夫とのドタバタ育児生活を文章やイラストで綴っています。

どうして「お母さん」ってだけで、比べられるの?

f:id:ahirusora:20200703113240j:plainf:id:ahirusora:20200703113224j:plainf:id:ahirusora:20200703113216j:plainf:id:ahirusora:20200703113204j:plainf:id:ahirusora:20200703113154j:plainf:id:ahirusora:20200703113143j:plainf:id:ahirusora:20200703113109j:plainf:id:ahirusora:20200703113133j:plain


こどもがご飯を食べなかった時期、かわいくて野菜沢山でキラキラした離乳食や幼児食をアップしている方をたくさんフォローしていました。

でも、凝ったものを作る時間もないし、マネして作ってみても食べないし。

すごいなぁ。どうして私には出来ないんだろう。と夫にもらしたことがあります。

すると「え、その人たちはそれが趣味なんじゃない?あひるが毎日手帳にこどもたちのことを描いてるのすごいなぁって思ってるんだけど、それ楽しくてやってるんでしょ?元々好きで、楽しくやってる人と同じことするの無理じゃない?」と言われました。

たしかに…となんだかスッキリ。

「お母さん」になると、ついつい他の「お母さん」と比べてしまいます。
周りから比べられることもたくさん。

わたしはこどもが2人とも女の子なので「楽でいいね〜!」「えーそんなので大変?男の子なんてもっとすごいから!」と言われることが多々あります。

なので、わたしが辛いと思った時でも、他の人と比べたら楽なのかな…これくらいで辛いと思っちゃダメなのかな。と思ってしまったり。

みんなしているんだから。
お母さんでしょ。

なかなかやっかいなしがらみです。

でも、育児といっても、人によって全く違うもの。

自分が辛いと思ったら、誰がなんと言おうと辛い!
周りを見て、苦手なことをわざわざしなくていい。
自分やこどもを周りと比べずに、目の前のこどもに合うことをすればいい。

比べない。比べない。

と、自分に言い聞かせています。